メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日高六郎さん死去

社会の公正は何か考え 実践を重視

作家の故小田実さん(右)と語り合う日高六郎さん=1965年3月撮影

 戦後のリベラル派社会学者として教壇に立ち、市民運動をリードしてきた元東大教授、日高六郎さんが7日、101歳で亡くなった。親交のあった人たちは学界からジャーナリストまで幅広く、「社会の公正は何かを常に考え行動してきた」と、理論だけでなく実践を重視した日高さんとの別れを惜しんだ。

 日高さんは2006年にフランスから京都市に戻り、11年3月からは左京区の老人ホームで暮らしていた。日常の世話をしてきた藤本敏朗(としろう)さん(65)によると、ホームで妻暢子(のぶこ)さんの部屋の隣だった自室には、生まれ育った中国・青島の風景を描いたタペストリーがあり、近年は青島の街の美しさや家族の思い出をよく語っていた。5月31…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「小中学生は大外刈り禁止を」 中一の娘亡くした父がネットで発信 全柔連相手に賠償提訴も
  2. どうすれば安全安心 迷子、事前にできること 「子どもの視野の狭さ」知って
  3. 大坂なおみ選手の肌白く表現 日清食品が謝罪と米英紙
  4. 博多の中1女子死亡 柔道事故 大外刈りの受け身練習、「時期尚早の可能性」 第三者委が指摘 /福岡
  5. 柔道事故 練習で中学生重体 体格差69キロ 群馬・館林

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです