メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全仏テニス

穂積・二宮組 躍進の4強 全豪Vペア破る

 テニスの全仏オープン女子ダブルスで穂積絵莉、二宮真琴組(橋本総業)が日本人同士のペアで2002年に4強入りした杉山愛、藤原里華組以来16年ぶりに準決勝に進んだ。同じ1994年生まれの2人は6日の準々決勝で全豪オープン優勝の第1シード、ティメア・バボシュ(ハンガリー)クリスティナ・ムラデノビッチ(フランス)組にストレート勝ちし、勢いに乗って女子の日本人ペアで4大大会初の決勝進出を狙う。

 穂積は強打を武器に昨年の全豪オープンで加藤未唯(ザイマックス)とのコンビで4強入り。世界トップレベ…

この記事は有料記事です。

残り377文字(全文621文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
  3. 女子テニス 大坂ウイルス性の病気のため武漢オープン欠場
  4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
  5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです