メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木村蒹葭堂邸跡の碑=大阪市西区北堀江4で、松井宏員撮影

 ◆大阪市西区

気前よかった「聞人」

 高台橋(たかきやばし)公園を歩きながら、大阪案内人の西俣稔さんが「ビルが公園に背中を向けてるでしょ。ここが堀江川やった名残です」。西へと歩き、あみだ池筋を渡ると、車道が盛り上がっているのが分かる。堀江川の堤防跡がくっきり残っているのだ。

 さらに新なにわ筋を渡って、大阪市立中央図書館前にやって来た。西俣さんの目当ては「木村蒹葭堂(けんかどう)邸跡」の碑だ。博学多才で聞こえた当時の大坂を代表する町人学者で、書物や書画、美術品、動植物の標本など、さまざまな珍品を収集したコレクターでもあった。

 学者といえば偏屈かと思いきや、気前よく閲覧させ、あまつさえ貸し出しまでしていた。「図書館と美術館を…

この記事は有料記事です。

残り1235文字(全文1548文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 孫正義氏、ビットコインで145億円損失か
  2. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  3. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  4. ごみ部屋 女性を救出…体埋もれ、両足壊死
  5. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです