メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木村蒹葭堂邸跡の碑=大阪市西区北堀江4で、松井宏員撮影

 ◆大阪市西区

気前よかった「聞人」

 高台橋(たかきやばし)公園を歩きながら、大阪案内人の西俣稔さんが「ビルが公園に背中を向けてるでしょ。ここが堀江川やった名残です」。西へと歩き、あみだ池筋を渡ると、車道が盛り上がっているのが分かる。堀江川の堤防跡がくっきり残っているのだ。

 さらに新なにわ筋を渡って、大阪市立中央図書館前にやって来た。西俣さんの目当ては「木村蒹葭堂(けんかどう)邸跡」の碑だ。博学多才で聞こえた当時の大坂を代表する町人学者で、書物や書画、美術品、動植物の標本など、さまざまな珍品を収集したコレクターでもあった。

 学者といえば偏屈かと思いきや、気前よく閲覧させ、あまつさえ貸し出しまでしていた。「図書館と美術館を…

この記事は有料記事です。

残り1235文字(全文1548文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  2. ふるさと納税、偽サイト乱立 大幅「割引」うたい返礼品届かず 福岡県警が捜査
  3. ミナミ拠点の半グレ集団「アビス」リーダーら数十人逮捕 傷害容疑など
  4. ORICON NEWS 2018年 今年の漢字は「災」に決まる  “平成最後”過去23年間分も紹介&解説
  5. ふるさと納税 印西市の返礼品、地酒除外なぜ? 神崎の酒蔵に委託、地場産認められず /千葉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです