メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

日米会談 首相「日朝」前のめり

日米首脳の会談時の発言の変遷

 ワシントンでの7日(日本時間8日)の日米首脳会談で、安倍晋三首相は、拉致問題解決のため、日朝首脳会談の実現を目指す姿勢を示した。12日の米朝首脳会談が、停滞している拉致問題の局面打開につながることを期待する。ただ、北朝鮮が日朝対話に乗り出す見通しが立っているわけではなく、前のめりな姿勢の裏には焦りの色が透けて見える。一方、7月にも貿易協議(FFR)の初会合が開催される方向となり、日米の通商問題も新たな局面を迎える。

この記事は有料記事です。

残り1797文字(全文2007文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  2. アジア大会 競泳表彰式で中国と日本の国旗が落下トラブル
  3. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  4. 近鉄 ホームに沈む可動柵 新型、数年内導入
  5. 福岡4人水死 「離岸流」原因か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです