メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

土記

無意識の優生学=青野由利

 <do-ki>

 久しぶりにフランシス・ゴルトンを思い出した。進化論のダーウィンのいとこで、1883年に「優生学(eugenics)」を提唱し、科学史に名を残した人物だ。

 ちなみに、「優生学」はギリシャ語の「良い生まれ」に由来する造語。ゴルトンは「民族の質を向上させる要因の研究」と位置づけた。

 おおざっぱに言えば「遺伝的に優れた人が子孫を多く残すことで民族全体の素質を高める」といった考え方。これを「積極的優生学」とすれば、その裏返しは望ましくない遺伝的素質の人を減らす「消極的優生学」。それが米国やドイツ、スウェーデンなどの断種法につながり、戦時中のナチスのユダヤ人大虐殺にもつながっていった--。

 と一言で言えるほど単純な話でないのは承知だが、改めて考え込むのは日本で強制不妊手術のような本格的優…

この記事は有料記事です。

残り654文字(全文1005文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  2. ふるさと納税、偽サイト乱立 大幅「割引」うたい返礼品届かず 福岡県警が捜査
  3. ミナミ拠点の半グレ集団「アビス」リーダーら数十人逮捕 傷害容疑など
  4. ORICON NEWS 2018年 今年の漢字は「災」に決まる  “平成最後”過去23年間分も紹介&解説
  5. ふるさと納税 印西市の返礼品、地酒除外なぜ? 神崎の酒蔵に委託、地場産認められず /千葉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです