メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

受動喫煙対策

審議入り 五輪に備え、健康増進法改正案

 受動喫煙対策を強化する健康増進法改正案が8日、衆院本会議で審議入りした。2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、屋内では公共の場での禁煙を初めて罰則付きで義務付け、飲食店は原則屋内禁煙とするのが柱。政府・与党は今国会での成立を目指す。

 改正案では、学校や病院、行政機関などは禁煙。事務所や店舗、ホテルのロビーなど多数の人が利用する施設は原則屋内禁煙で、喫煙専用室の設置は認める。加熱式たばこも同様に禁煙とする。禁止場所での喫煙は、施設管理者には50万円以下、喫煙者には30万円以下の罰則がある。

 焦点となっていた飲食店への規制は、新規開店や客席面積100平方メートル超の飲食店では「原則屋内禁煙…

この記事は有料記事です。

残り337文字(全文637文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 防弾少年団 秋元康氏作詞の新曲発表中止 ファン批判で
  2. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  3. 安倍3選・その先 /下 「後継」はや駆け引き
  4. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営
  5. 滋賀 イナズマロックフェス開幕 西川貴教さん熱唱

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです