メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

200年以上前に作られたという懐中時計を手に、「修理は、その時代の職人の技と向き合う作業。ワクワクしてたまらない」と話す日本時計師会会長の山田喜久男さん=東京都中央区で

 地域に根差した老舗時計小売店が、高齢化などで年々減りつつある。あるところは後継者不在で廃業を決め、また、あるところは職場を超えて若手の育成に努める。10日は「時の記念日」--。

 「参ったよ。時計を貸してとは……」

 さいたま市浦和区の老舗「まつもと時計店」の店主、松本光司さん(76)は、そう言って頭をかく。今年2月。見知らぬ男子高校生が「受験で使うので時計を貸してほしい」と突然、店を訪ねてきた。聞けば大学入試の直前で、筆記試験中に自席で時間を確認したいのだという。彼は「ふだんはスマートフォンがあるけど、試験中は出せないから」とも付け加えた。松本さんは、あっけにとられながらも丁重に断ったそうだ。「時代は変わったねえ」

この記事は有料記事です。

残り1702文字(全文2013文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 山梨 ミッキー、甲府に登場「開府500年」100日前
  3. あの人に会った 関西ジャニーズJr. 西畑大吾さん
  4. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  5. 高校ラグビー 札幌山の手、花園切符一番乗り 南北海道

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです