メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

我らが少女A

/305 第8章 26=高村薫 田中和枝・挿画監修

 同じ日曜の夜、真弓はベッドに入ってからも、写真のデータを移したスマホを手に知らぬ間に夜更かしをする。日付順に並んだ数百枚もの写真は、強いてタイトルをつけるとしたら、《一人の高校生の眼(め)に映った二○○五年武蔵野》といったところだろうか。学校周辺から吉祥寺まで、退屈と好奇心と嫌悪と愛着をないまぜにして日々移動してゆく浅井忍の眼の記憶そのものだが、当時は知り合いですらなかった他人の記憶からこうして眼を離せない理由を、真弓はよく自覚している。というのも、忍がカメラ付きケータイを手に徘徊(はいかい)していた二○○五年当時、自分を含めた栂野の家族にとって、忍はどこまでも闖入(ちんにゅう)者であり、覗(のぞ)き見をする者であった一方、その眼は自分たち家族の現実を映してみせる残酷な鏡でもあったからだ。

 スカートを短くして髪を肩に垂らし、薄く口紅を引いてロンロンやロフトやゲーセンに立つ女子高生の姿は、…

この記事は有料記事です。

残り572文字(全文972文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 藤枝小4切りつけ 「いじめの復讐」 18歳容疑者説明
  2. カネテツ ウナギ高騰 本物そっくり「ほぼうなぎ」販売
  3. 子育て世帯 平均年収683万円 5年前より86万円増
  4. サッカー日本代表 トルシエ氏 1次L突破「可能性ない」
  5. 名人戦 佐藤が3連覇 4勝2敗で羽生降す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]