メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

我らが少女A

/305 第8章 26=高村薫 田中和枝・挿画監修

 同じ日曜の夜、真弓はベッドに入ってからも、写真のデータを移したスマホを手に知らぬ間に夜更かしをする。日付順に並んだ数百枚もの写真は、強いてタイトルをつけるとしたら、《一人の高校生の眼(め)に映った二○○五年武蔵野》といったところだろうか。学校周辺から吉祥寺まで、退屈と好奇心と嫌悪と愛着をないまぜにして日々移動してゆく浅井忍の眼の記憶そのものだが、当時は知り合いですらなかった他人の記憶からこうして眼を離せない理由を、真弓はよく自覚している。というのも、忍がカメラ付きケータイを手に徘徊(はいかい)していた二○○五年当時、自分を含めた栂野の家族にとって、忍はどこまでも闖入(ちんにゅう)者であり、覗(のぞ)き見をする者であった一方、その眼は自分たち家族の現実を映してみせる残酷な鏡でもあったからだ。

 スカートを短くして髪を肩に垂らし、薄く口紅を引いてロンロンやロフトやゲーセンに立つ女子高生の姿は、…

この記事は有料記事です。

残り572文字(全文972文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  2. 訃報 大塚勇三さん97歳=児童文学者「スーホの白い馬」
  3. 統合失調症 実は「痩せ」と相関 藤田保健大が遺伝子解析
  4. 特集ワイド “目立つ”大人の「発達障害」 「不寛容な社会」で表面化
  5. 夏の高校野球 マウンドでお決まりポーズ 金足農・吉田

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです