メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

創作の原点

映画カメラマン・監督 木村大作さん 現場で学んだ黒澤イズム

=東京都千代田区の東宝本社で、根岸基弘撮影

 かつてのスタジオシステムの中で育った残り少ない映画カメラマンであり、映画監督でもある木村大作さん(78)は「散り椿」(9月28日全国公開)で、自身3度目の監督に挑んだ。葉室麟さんの時代小説を原作とした今作では、岡田准一さん演じる剣豪らによる殺陣のシーンなどに、若かりし頃に撮影助手として仕えた黒澤明監督の映画づくりの神髄を込めた。

 東宝に撮影助手として入社してすぐに、黒澤監督の「隠し砦の三悪人」(1958年)の撮影現場に放り込ま…

この記事は有料記事です。

残り1604文字(全文1820文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  2. 女子高生とのわいせつ動画 ネット公開容疑で男逮捕 4000万円収入か
  3. 札幌市が水道料金6140万円と誤通知 本来の6696円の9100倍
  4. SNSで自分の裸の画像や動画販売容疑 15~17歳の少女3人を書類送検 福岡県警
  5. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです