メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

気鋭に迫る

「憧れの世界」にしたい 演歌歌手・三山ひろし(37)

デビュー10周年を迎える三山ひろし。大阪・新歌舞伎座での座長公演は7月1~14日。時代劇と歌のステージの2部構成=大阪市北区で、小出洋平撮影

 2015年からNHK紅白歌合戦に3年連続で出場し、演歌界の次世代を担う一人として注目を集めている。温かく伸びやかな歌声は「ビタミンボイス」と称され、王道演歌から昭和の流行歌、懐かしのアニメソングまで多彩な楽曲に挑戦するとともに、どこか身近な雰囲気がファンの心をつかんでいる。

 高知県出身。祖母の影響で幼い頃から演歌を聞いて育った。カラオケ大会などで活躍し、20代半ばで歌手を志して上京。作曲家の中村典正さんに師事し、09年に「人恋酒場」でデビューした。

 演歌の魅力を「人生の道しるべになること」と語る。「演歌は、誰もがいつか経験することを歌っています。…

この記事は有料記事です。

残り760文字(全文1037文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 投の横浜と強打の明豊が対決 センバツ第2日の見どころ
  2. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  3. 囲碁・将棋スペシャル 将棋 C級1組 泉八段 順位戦最後の将棋 「これからは見る側に」
  4. 習志野が10年ぶり初戦突破 一回に猛攻 日章学園降す
  5. 明豊が三回一気に逆転 横浜・及川は5点を奪われ降板

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです