メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アートの地平から

「農村」を問い直す=住友文彦

 ロンドンからおよそ2時間電車に揺られ、さらに車に乗ること20分という田園地帯にある小さなギャラリーに大勢の観客が押し寄せる展覧会を見てきた。展示物は農家や鉱山労働者の生活や仕事で使われる道具をはじめ、宗教や自然保護の社会運動史などの資料、そして近現代の美術家の作品まで並ぶ濃密さ。これは「私たちが住み、離れ去った土地」と題された展覧会で、美術と社会史が交錯する地点から田舎や田園地帯の表象を捉え直す試みである。牧歌的なドローイングからメディアに現れる現代の農村のイメージまで、独特の風習や服装を自虐的に描くようなユーモアも満載で、急速に進む都市の資本主義に抵抗する社会運動の理想と現実もそこに流れ込む。モノとイメージが描き出す近代史としても大変面白かった。

     企画したアダム・サザーランドは、湖水地方・グライズデールの山の中で農作業や村の建物を修復しながら長年芸術活動を実践し、ロンドンの美術大学を卒業した若手芸術家たちに大きな影響を与えてきた。その地は、産業革命によって粗悪な製品が増え経済格差が拡大した時代に丁寧に物を作ることに精神性をみいだしたジョン・ラスキン(1819~1900年)の思想や利他的な行動を伝える場所でもある。

     じつは滞在中にはもうひとつ、やはり農村的なものを扱う企画の打ち合わせがあった。それにしてもなぜ今、地方文化へイギリスのアート関係者が熱い視線を注ぐのか。それはかつての浪漫主義と同じまなざしなのか。この展覧会に有力画廊が会場と予算を提供しているのは矛盾ではないか。いくつかの疑問も湧き上がる。

     過去を振り返ると、個人がしたいことを優先する自由主義は、近代以降の美術と経済の両方に共通する概念だ。そして、世界中どの地域においても都会と農村の格差は重商主義によって拡大した。そこには植民地主義、民族差別、経済格差などが内包される。

     他者や自然環境との共存が喫緊の問題となっている現代において、農村の歴史から人々や自然とのつながりを作り出す実践について学ぶべきものは多い。競争に駆り立てられ、人々が分断されている現代社会においてアートの役割が見直されつつあるのか。土地をめぐる一見地方色の強い展覧会でありながら、現代にまで続くグローバル経済とアートを支える仕組みを鋭く批判するメッセージが込められている。昨今アジアや日本でも顕著な地域文化への関心も、おそらく同じ地平にたつもので共感をおぼえる。(すみとも・ふみひこ=アーツ前橋館長)


     隔月交代で執筆します。来月は外舘和子さんの「工芸の地平から」です。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
    2. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々
    3. 晴れ着トラブル 「はれのひ」社長逮捕 詐欺容疑で
    4. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
    5. サッカーキング 白星発進の日本、試合後はサポーターがゴミ拾い…コロンビア紙が賛辞

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]