メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アートの地平から

「農村」を問い直す=住友文彦

 ロンドンからおよそ2時間電車に揺られ、さらに車に乗ること20分という田園地帯にある小さなギャラリーに大勢の観客が押し寄せる展覧会を見てきた。展示物は農家や鉱山労働者の生活や仕事で使われる道具をはじめ、宗教や自然保護の社会運動史などの資料、そして近現代の美術家の作品まで並ぶ濃密さ。これは「私たちが住み、離れ去った土地」と題された展覧会で、美術と社会史が交錯する地点から田舎や田園地帯の表象を捉え直す試みである。牧歌的なドローイングからメディアに現れる現代の農村のイメージまで、独特の風習や服装を自虐的に描くようなユーモアも満載で、急速に進む都市の資本主義に抵抗する社会運動の理想と現実もそこに流れ込む。モノとイメージが描き出す近代史としても大変面白かった。

 企画したアダム・サザーランドは、湖水地方・グライズデールの山の中で農作業や村の建物を修復しながら長…

この記事は有料記事です。

残り684文字(全文1063文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高齢秋田犬がお手柄 散歩中におばあちゃん助ける
  2. 男女一緒、あらためて大人の性教育 60代も学んだ最新の避妊法
  3. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  4. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  5. 他人のPCで「無断採掘」無罪 仮想通貨のプログラム設置男性 横浜地裁判決

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです