メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テニス

全仏オープン 穂積・二宮組、決勝進出 4大大会、日本人ペア初

 【パリ支局】テニスの全仏オープン第13日は8日、パリのローランギャロスで行われ、女子ダブルス準決勝で穂積絵莉、二宮真琴組(橋本総業)が第8シードの〓皓晴(台湾)楊〓〓(中国)組を6-2、6-2で破り、日本選手同士のペアとしては4大大会で同種目初の決勝進出を決めた。

 女子ダブルスの外国選手とのペアでは、沢松和子が1975年のウィンブルドン、杉山愛が2000年の全米オープン、03年の全仏とウィンブルドンで、それぞれ優勝。日本選手同士のペアは02年全仏の杉山、藤原里華組、17年全豪オープンの穂積、加藤未唯組の4強が最高だった。

 男子シングルス準決勝は、第7シードのドミニク・ティエム(オーストリア)がノーシードのマルコ・チェッ…

この記事は有料記事です。

残り1030文字(全文1344文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  5. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです