メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島原爆

原爆が奪った暮らし 広島の86歳、44年の街描く

地図の下書きを示しながら、当時住んでいた中島新町について語る尾崎稔さん=広島市南区で、寺岡俊撮影

 広島に原爆が投下される直前の爆心地近くの街並みを、元住民で被爆者の尾崎稔さん(86)=広島市南区=が鮮やかな絵とともに地図で再現し、同市の原爆資料館に寄贈した。描いたのは爆心地から1キロ圏内にあった旧中島新町(現在の広島市中区中島町)の周辺。街は壊滅して残された写真などは少なく、貴重な資料だ。尾崎さんは「楽しい思い出が詰まった町が一瞬で消えた。記憶が鮮明なうちに描き残しておきたかった」と語る。

     尾崎さんが生まれ育った旧中島新町は、元安川と旧太田川に挟まれ、現在の平和記念公園の南にあった。付近には県庁などがあり、市の中心部だった。

     「学校から帰ると同級生と川でウナギやエビを捕ったり、庭園でかくれんぼをしたりして遊んだ」と尾崎さん。しかし、自宅は空襲対策で家屋を撤去する「建物疎開」の対象となり、一家は1945年7月末、近くの旧大手町に転居した。

     1週間後の8月6日、旧制中学2年で13歳だった尾崎さんは登校途中に爆心から約1・2キロで被爆し、顔などを負傷した。自宅は跡形もなくなり、祖母と妹、母を失った。

    尾崎稔さんが描いた広島・旧中島新町周辺の地図=原爆資料館提供

     70歳を過ぎ、子供の頃に遊んだ庭園の風景、被爆時の光景などを描くようになった。地図を作ったのは2016年春。「2度がんに侵され、生かされたのは運命と感じた」といい、原爆が奪った日常を記録に残そうと考えた。建物疎開が始まる前の1944年当時の記憶を呼び起こし、県庁や県立病院、寺院、民家などを詳細に描き、建物には屋号も書き込んだ。

    描かれた旧中島新町

     現在の平和記念公園にあった繁華街・旧中島本町などに比べ、南側の旧中島新町の周辺は街並みに関する資料が乏しい。原爆資料館の担当者は「色彩豊かに再現され、当時の街の雰囲気が分かり、貴重だ」と指摘。尾崎さんは「被爆前に確かにあった街並みや暮らしを多くの人に知ってもらいたい」と話している。

     地図は原爆資料館地下1階で展示されている。【寺岡俊】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. はやぶさ2 予定通りリュウグウ到着へ 軌道制御に成功
    2. サッカー日本代表 「増量と身長調整は失敗」西野監督
    3. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
    4. 小林麻央さん 麻耶“お願い”、海老蔵と交際などの「報道出ないよう見守って」 偲ぶ会でスピーチ(スポニチ)
    5. LCC 「成田-東南アジア」開設続々 「中長距離」競争激化へ 日航や全日空巻き込み /千葉

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]