メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

組み立てキット

軽トラをキャンピングカーに 40万円台

Kトラハウスの組み立て方
Kトラハウスの試作車

 軽トラックの荷台に設置する簡易ハウス(キャンピングシェル)の組み立てキットを、大阪のベンチャー企業が開発した。商品名と同じ「Kトラハウス」(大阪府大東市)が企画・設計したもので、40万円台の価格で7月の販売開始を目指している。

 同社によると、居住スペースとなるシェル部分は大人2人が快適に過ごせる広さだ。レジャー用のほか、小さなオフィスやキッチンカー、震災時の避難用シェルターにもなり、寝泊まりできる設備を備えた「キャンピングカー」ならではの用途が想定される。

 組み立てキットには解説動画が用意され、専門的な知識や技能がなくても3日で完成するという。シェルの外装デザインは公募したものを使用し、7月21、22日に東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開かれる「東京キャンピングカーショー2018」に出展を予定している。

 Kトラハウスの柳生眞喜男社長は「軽トラックは維持費も安く、小回りがきくので狭い路地や山道でも運転が楽。車とシェルが簡単に分離できる工夫も凝らした。DIY(Do It Yourself=自分自身でする)経験者なら組み立ては簡単で、内装はホームセンターで材料を購入すれば自分好みにできる」と話している。【高橋望】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 遭難父子 遺体発見 沢で寄り添うように 新潟の山中
  2. 加計と日大問題 似た構図、丸山真男の「無責任の体系」か
  3. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
  4. 選挙 立川市議選 新議員28人決まる /東京
  5. JR大宮駅 駅員の胸たたいた容疑 世田谷区の女職員逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]