メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コウノトリ

「最多」4羽巣立ち間近 島根・雲南

コウノトリのひな4羽。翼を広げるようになったひなもいる=島根県雲南市で2018年5月31日、山田英之撮影

 島根県雲南市で今春生まれた国の特別天然記念物・コウノトリのひな4羽が、今月下旬から7月上旬に巣立つとみられ、専門家からも注目されている。国内の野生コウノトリが絶滅後、野外で4羽が巣立つのは最多。ハンターの誤射でペアを失った雄鳥が、別の雌鳥と繁殖したひなたちでもあり、地域住民は「無事に雲南から大空に羽ばたいて」と願う。

 ひなは雲南市大東町にある電柱の上の巣で今年4月17日までにふ化が確認された。いずれも雌。地元ハンタ…

この記事は有料記事です。

残り459文字(全文669文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ドイツ 首相、長官人事を再協議 支持率急落受け
  2. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  3. 山梨 ミッキー、甲府に登場「開府500年」100日前
  4. 女子剣道 早大が15連覇 早慶対抗
  5. あの人に会った 関西ジャニーズJr. 西畑大吾さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです