メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

乳がん

乗り越えて さいたまの36歳、摘出後の下着開発 一歩進む力を届ける /埼玉

 乳がんで乳房を摘出した女性が、同じ経験をした人のための下着店をつくった。さいたま市のボーマン三枝(みえ)さん(36)。着心地の良さにこだわり、試着会を兼ねた集いも開く。「乳がん経験者が一歩踏み出すきっかけをつくりたい」との思いが込められている。

 がんが見つかったのは31歳の頃。ステージは初期だったが、不安を残さないために乳房の全摘手術を選んだ。術後は周囲の目が気になり、外出しにくくなった。

 下着選びも、乳がん患者用はインターネット販売ばかり。試着ができず、気持ちよく身に着けられるものがな…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 副町長が車庫入れで頭ぶつけ死亡 福井・若狭
  2. 囲碁・将棋スペシャル 将棋 C級1組 泉八段 順位戦最後の将棋 「これからは見る側に」
  3. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  4. 札幌大谷が甲子園初勝利 米子東を1点に抑える
  5. 英国 2度目の国民投票求め、数十万人デモ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです