メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

乳がん

乗り越えて さいたまの36歳、摘出後の下着開発 一歩進む力を届ける /埼玉

 乳がんで乳房を摘出した女性が、同じ経験をした人のための下着店をつくった。さいたま市のボーマン三枝(みえ)さん(36)。着心地の良さにこだわり、試着会を兼ねた集いも開く。「乳がん経験者が一歩踏み出すきっかけをつくりたい」との思いが込められている。

 がんが見つかったのは31歳の頃。ステージは初期だったが、不安を残さないために乳房の全摘手術を選んだ。術後は周囲の目が気になり、外出しにくくなった。

 下着選びも、乳がん患者用はインターネット販売ばかり。試着ができず、気持ちよく身に着けられるものがな…

この記事は有料記事です。

残り505文字(全文752文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  2. アジア大会 競泳表彰式で中国と日本の国旗が落下トラブル
  3. WEB CARTOP 高速道路が渋滞していても一般道に降りないほうがいいワケ
  4. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  5. 近鉄 ホームに沈む可動柵 新型、数年内導入

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです