メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校ラグビー

県春季大会 八幡工が8年ぶりV 光泉8連覇逃す /滋賀

【光泉-八幡工】フェイントで相手選手をかわして前に出る八幡工のWTB河合風詩選手(中央)=大津市御陵町の皇子山陸上競技場で、礒野健一撮影

 県高校春季ラグビー大会(毎日新聞社後援)は9日、大津市御陵町の皇子山陸上競技場で決勝があり、八幡工が大会7連覇中の光泉を31-22で破り、8年ぶり34回目の優勝を決めた。

 八幡工は序盤こそ動きに硬さが見られたが、前半17分にWTB桑原秀征選手(3年)がトライし、コンバージョンキックも決めて同点。23分にフランカー阪口予太(あらた)選手(3年)が左隅へ、26分には再び桑原選手が右隅にトライし、リードを保っ…

この記事は有料記事です。

残り307文字(全文511文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  3. BTS 絶叫、すすり泣き…騒動の渦中、コンサートでは何が 会場外ではファン批判演説
  4. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  5. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです