メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

よさこい美容調査委員会

美容市場に光 踊り子や化粧品店へアンケ 「三彩」が設立 /高知

三彩の鈴木佐知代社長(左から2人目)と「よさこい美容調査委員会」のメンバー=高知県土佐市北地の同社で、北村栞撮影

 土佐和紙を使ったシート化粧品やキッチン用シートなどの企画・販売を手がける「三彩」(土佐市)は、このほど「よさこい美容調査委員会」を設立した。高知の一大イベント「よさこい祭り」に向けて美容市場がどれだけ動くのか調査し、結果は8月1日からホームページなどで発表する予定。【北村栞】

     高知ではよさこいの時期が近づくと、スキンケア商品の売れ行きがよくなったり、ネイルサロンや美容院に行く人が増えたりするなど美容市場が盛り上がるといわれている。しかし実際の動きがどの程度かを示す統計は今までなかった。そこで、高知ならではの化粧品や美容市場の動きがあるのではないかと考え、先月25日に「よさこい美容調査委員会」を設立した。調査方法はよさこいの踊り子や県内の化粧品販売店・美容院などへのアンケートと聞き取り調査。美容市場調査のほかに、皮膚科医へのヒアリングも行い、日差しが強く、日照時間の長い高知で多い夏の肌トラブルやその対策についても調査する。

     鈴木佐知代社長(69)は「よさこいを踊る人たちのために何かできないかと考えたのが私たちの原点。原点に帰って、高知の女性をもっと元気に、もっときれいにしていきたい」と話している。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
    2. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々
    3. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
    4. 沖縄慰霊の日 壕から出て命拾い 82歳「一生忘れぬ」
    5. 台北 「バイクの滝」橋埋め尽くす

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]