メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビー

日本代表戦 W杯へ期待、2万5800人が声援 大銀ドームで県内初 /大分

 ラグビーの日本とイタリアの代表戦が9日、大分市横尾の大分銀行ドームで開催された。県内で国の代表戦が行われるのは初めて。駆け付けた2万5824人が大声援を送る中、日本が34-17で快勝。日本の多彩な攻撃に会場は盛り上がり、2019年のワールドカップ(W杯)日本大会に向け、期待が膨らんだ。【田畠広景】

 日本代表のW杯に向けた強化試合「リポビタンDチャレンジカップ2018」の開幕戦。イタリアは世界14位。同11位の日本にとって試金石となる試合だった。大銀ドームはW杯で予選3試合と準々決勝2試合の会場となるが、日本代表戦はない。W杯前に県内で見られる日本代表戦は最後の可能性が高いだけに、入場ゲート前には朝から開場を待つ人が並んだ。ドーム近くに住む匹田琴恵さん(42)は長男と一緒に午前8時過ぎに到着。「リーチ・マイケル主将や田中史朗選手を見に来ました」と笑顔だ。

 午後2時45分キックオフの試合は、一進一退の攻防でスタート。イタリアが先制すると、イタリアから来日…

この記事は有料記事です。

残り1289文字(全文1721文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  2. ふるさと納税 過度な返礼品大幅減 来年度から制度外に
  3. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
  4. 東アジアサミット 南シナ海 米、妥協せず 副大統領、中国領土拡張「違法」
  5. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです