メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

俳優・中村敦夫78歳の挑戦(その1) 舞台から「原発」問う

朗読劇「線量計が鳴る」の舞台に立つ中村敦夫さん=東京都武蔵野市で2018年4月13日、宮間俊樹撮影

 黒ずくめの男が、線量計をかざしながら舞台に現れた。放射線に反応すると鳴る「ピー、ピー」という不快な音が響き渡る。

 俳優の中村敦夫さん(78)が自ら台本を書いて演じる朗読劇「線量計が鳴る」は、福島県双葉町で生まれ東京電力福島第1原発で配管技師として働き、原発事故で全てを失う男の物語だ。戦中戦後の少年期、東京から疎開して福島県平市(現いわき市)で過ごした中村さん。この一人芝居を方言を交えて語りきる。

 「この話すんのは、本当につれえわあ。でもなあ、どうやったって現実からは逃げられねえ。双葉町で生まれ…

この記事は有料記事です。

残り498文字(全文748文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  2. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
  3. 訃報 山本KID徳郁さん、がんで死去 総合格闘家
  4. 金足農 寄付2億7000万円に 文化祭は一般公開中止に
  5. 特集ワイド ビゴの店、フィリップ・ビゴさん 本物伝え半世紀

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです