メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

G7サミット 揺らぐ40年の結束 米輸入制限に批判集中

もめるG7組学級会

 【ケベック(カナダ)土屋渓、清水憲司】カナダ東部シャルルボワで8、9日開かれた主要7カ国首脳会議(G7サミット)は、トランプ米政権の強硬な通商政策に対する批判が噴出し、米国と6カ国との亀裂が鮮明になった。第1次石油危機をきっかけに1975年に始まり、自由貿易や民主主義といった共通の価値観で世界の課題に対処してきたG7。40年余り続いてきた結束を維持できるのか、正念場を迎えている。

 「みんなヒートアップして、激しく率直な議論の応酬があった」。日本の同行筋は8日、貿易に関する討議を…

この記事は有料記事です。

残り1737文字(全文1979文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安田純平さん 解放の情報 シリアで3年間行方不明
  2. ORICON NEWS 博多華丸・大吉、芸歴28年で初ANN 念願成就に喜び「まさか現実になるなんて…」
  3. 麻生太郎氏 河野外相に「常識を磨かないといかん」
  4. コスモス 秋の大地、染め上げて 500万本見ごろ 兵庫
  5. ORICON NEWS DJイベントが銭湯救う?  “ダンス風呂屋”にかける担い手たちの思い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです