メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

G7サミット 揺らぐ40年の結束 米輸入制限に批判集中

もめるG7組学級会

 【ケベック(カナダ)土屋渓、清水憲司】カナダ東部シャルルボワで8、9日開かれた主要7カ国首脳会議(G7サミット)は、トランプ米政権の強硬な通商政策に対する批判が噴出し、米国と6カ国との亀裂が鮮明になった。第1次石油危機をきっかけに1975年に始まり、自由貿易や民主主義といった共通の価値観で世界の課題に対処してきたG7。40年余り続いてきた結束を維持できるのか、正念場を迎えている。

 「みんなヒートアップして、激しく率直な議論の応酬があった」。日本の同行筋は8日、貿易に関する討議を…

この記事は有料記事です。

残り1737文字(全文1979文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  2. アジア大会 競泳表彰式で中国と日本の国旗が落下トラブル
  3. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  4. 近鉄 ホームに沈む可動柵 新型、数年内導入
  5. 福岡4人水死 「離岸流」原因か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです