メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

G7サミット 揺らぐ40年の結束 米輸入制限に批判集中

もめるG7組学級会

 【ケベック(カナダ)土屋渓、清水憲司】カナダ東部シャルルボワで8、9日開かれた主要7カ国首脳会議(G7サミット)は、トランプ米政権の強硬な通商政策に対する批判が噴出し、米国と6カ国との亀裂が鮮明になった。第1次石油危機をきっかけに1975年に始まり、自由貿易や民主主義といった共通の価値観で世界の課題に対処してきたG7。40年余り続いてきた結束を維持できるのか、正念場を迎えている。

 「みんなヒートアップして、激しく率直な議論の応酬があった」。日本の同行筋は8日、貿易に関する討議を…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
  2. ミニスカ「性犯罪誘う」に批判 菅公学生服が不適切表現を謝罪
  3. デルタ航空、福岡・ハワイ線撤退へ
  4. 稀勢の里引退会見「土俵人生に一片の悔いもない」
  5. 広河氏「セクハラ、立場を自覚せず」 写真界の「権力者」暴走の背景は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです