メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

サンゴどうして白化? 温暖化で海水温上昇 体内の褐虫藻が死ぬ=回答・荒木涼子

白化した石西礁湖のサンゴ=世界自然保護基金(WWF)ジャパンの鈴木倫太郎さん提供

 なるほドリ 海のサンゴが白くなって大変なんだって?

 記者 沖縄県の石垣島と西表(いりおもて)島の間にある国内最大のサンゴ礁「石西礁湖(せきせいしょうこ)」で、2016年夏に「白化(はっか)」という現象(げんしょう)が起きました。カラフルに見えるサンゴの色は、その体内にすみ着いている「褐虫藻(かっちゅうそう)」という植物プランクトンの色です。褐虫藻が死んでしまったので、元々のサンゴの色である白が目立つのです。

この記事は有料記事です。

残り668文字(全文874文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 最先端の電子顕微鏡が損傷 大阪大
  2. 警視庁 コインロッカーに乳児遺棄容疑 25歳女逮捕
  3. 4歳児死亡 殺人容疑で父親逮捕 引き出しに閉じ込め
  4. 東京湾 クジラ目撃情報 ゲートブリッジや葛西海浜公園で
  5. 目黒虐待死 被害女児、大学ノートに「反省文」 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]