メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

サンゴどうして白化? 温暖化で海水温上昇 体内の褐虫藻が死ぬ=回答・荒木涼子

白化した石西礁湖のサンゴ=世界自然保護基金(WWF)ジャパンの鈴木倫太郎さん提供

 なるほドリ 海のサンゴが白くなって大変なんだって?

 記者 沖縄県の石垣島と西表(いりおもて)島の間にある国内最大のサンゴ礁「石西礁湖(せきせいしょうこ)」で、2016年夏に「白化(はっか)」という現象(げんしょう)が起きました。カラフルに見えるサンゴの色は、その体内にすみ着いている「褐虫藻(かっちゅうそう)」という植物プランクトンの色です。褐虫藻が死んでしまったので、元々のサンゴの色である白が目立つのです。

この記事は有料記事です。

残り668文字(全文874文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. AV問題 元女優が目指す“抜け道ない”性病クリニック
  2. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  3. KYB免震改ざん 原発や観光施設も使用 全国に動揺拡大
  4. 最高裁 ツイッター裁判官に戒告処分
  5. バイク事故 パトカー追跡の高校生死亡 逃走中男かの通報

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです