メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

サンゴどうして白化? 温暖化で海水温上昇 体内の褐虫藻が死ぬ=回答・荒木涼子

白化した石西礁湖のサンゴ=世界自然保護基金(WWF)ジャパンの鈴木倫太郎さん提供

 なるほドリ 海のサンゴが白くなって大変なんだって?

 記者 沖縄県の石垣島と西表(いりおもて)島の間にある国内最大のサンゴ礁「石西礁湖(せきせいしょうこ)」で、2016年夏に「白化(はっか)」という現象(げんしょう)が起きました。カラフルに見えるサンゴの色は、その体内にすみ着いている「褐虫藻(かっちゅうそう)」という植物プランクトンの色です。褐虫藻が死んでしまったので、元々のサンゴの色である白が目立つのです。

この記事は有料記事です。

残り668文字(全文874文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 私立岩田中 体育で倒れ3年生死亡 遺族と学校、県庁で協議 第三者交え再調査へ /大分
  2. 「次世代加速器」誘致支持せず 日本学術会議
  3. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
  4. 学校事故 砲丸頭にあたり生徒けが 千葉の高校
  5. 柔道事故 練習で中学生重体 体格差69キロ 群馬・館林

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです