メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東名あおり「危険運転」認める 懲役18年
セカンドステージ

認知症とかかわる その人らしさ、尊重するケア

寝たきりの患者と間近に視線を合わせ、優しく触りながら語りかける安藤さん=東京都調布市の調布東山病院で

 <くらしナビ ライフスタイル Second Stage>

 夜中に歩き回る、食事や入浴を拒む、暴力的になる--。認知症の人のこんな行動に困ったら、否定したり怒ったりせず、接し方を見直してみよう。フランスで生まれた「ユマニチュード」と呼ばれるケアの技法は、誰もが学べるコミュニケーション技術として注目されている。

 「こんにちは。会いに来ましたよ」。東京都調布市の調布東山病院(83床)。看護師の安藤夏子さん(36…

この記事は有料記事です。

残り2314文字(全文2519文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  2. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. 東名あおり、石橋被告に懲役18年 危険運転致死傷罪を認める
  5. 注意され「カチンときた」 東名あおり事故、被告人質問

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです