メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

我らが少女A

/306 第8章 27=高村薫 田中和枝・挿画監修

 浅井忍は、前日の徹夜のせいで日曜の夜は帰宅したとたん、506iを手にしたまま寝落ちしていたが、翌朝はふだんどおり午前五時に起きだして半時間後には会社に出勤し、さらに半時間後には大宮区内の契約事業所のゴミ回収に走り回っている。その後、一般家庭ゴミの収集作業へ移り、さらに市内のゴミ処理施設を往復して昼前に会社へ戻るまで、回し車のハムスターになって勤勉に動き続けるが、その身体から幽体離脱したもう一人の忍は、『スタートレック/ヴォイジャー』のボーグ・ドローンになって十二年の時空を飛び越え、デルタ宇宙域の武蔵野上空を北へ南へと飛びまわるのだ。

 小平の自宅マンションのベランダで、豆しばのチロが吠(ほ)える。お袋がチロの首にリードをつけると、チ…

この記事は有料記事です。

残り641文字(全文961文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  2. カフェイン中毒死 九州の20代男性、大量摂取で 「エナジードリンク」常飲
  3. 資産家急死 飼い犬死骸を捜索 覚醒剤成分有無を調査へ
  4. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女
  5. サッカーキング 白星発進の日本、試合後はサポーターがゴミ拾い…コロンビア紙が賛辞

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]