メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

沼野充義・評 『地球にちりばめられて』/『エコラリアス』

 ◆『地球にちりばめられて』 多和田葉子・著(講談社・1836円)

 ◆『エコラリアス』 ダニエル・ヘラー=ローゼン著 関口涼子訳(みすず書房・4968円)

理論と創作の奇跡的な同時代的共振

 多和田葉子の新作長編は、ヨーロッパで移動し続ける「移民」たちとその言葉をめぐる冒険の物語である。時代ははっきり示されていないが、近未来か。中心となる登場人物の一人、Hirukoはどうやら日本人らしいのだが、この物語にはそもそも「日本」という国名さえ一度も出てこない。彼女はデンマーク留学中に、自分の国がなぜか消えて帰れなくなり、アンデルセンゆかりの地、オーデンセのメルヘン・センターで紙芝居を子供たちに見せながら暮らしている。

 そんな彼女と知り合ってすぐに親しい仲になるのが、言語学を研究するデンマーク人の青年クヌートである。…

この記事は有料記事です。

残り1659文字(全文2016文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ペイペイ、「100億円あげちゃうキャンペーン」を13日で終了
  2. 富田林署逃走その夜、留置場の当番警官「スマホでアダルト番組も見てた」
  3. QRコード決済 ソフトバンク系ペイペイ、「奪首」へ100億円還元 競争激化
  4. イスラエル空軍 F35戦闘機、世界で初めて実戦使用
  5. はやぶさ2 リュウグウの新画像公開 小型探査ロボが撮影

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです