メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

卓球

荻村杯ジャパン・オープン 張本、五輪王者破る

男子シングルス準々決勝、馬龍を破り声を上げて喜ぶ張本智和=北九州市立総合体育館で2018年6月9日、徳野仁子撮影

 卓球のワールドツアー、荻村杯ジャパンオープンは9日、北九州市立総合体育館で行われ、シングルス準々決勝で、男子は14歳の張本智和(エリートアカデミー)がリオデジャネイロ五輪王者で世界選手権個人戦2連覇中の馬竜(中国)を4-2で破る大金星を挙げた。

 上田仁(シェークハンズ)は張継科(中国)に3-4で競り負け、松平健太(木下グループ)もティモ・ボル(ドイツ)に1-4で屈した。

 女子は伊藤美誠(スターツ)が鄭怡静(台湾)に4-2で勝って4強入り。平野美宇(日本生命)は劉詩〓(…

この記事は有料記事です。

残り650文字(全文887文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  2. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  3. プロ野球 ドラフト情報 吉田「野球が仕事に」
  4. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
  5. 競売 ヒトラーの写真130万円落札 ユダヤ系少女と笑顔

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです