メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

俳優・中村敦夫さんの怒り(その1) 朗読劇で「原発」問う

 黒ずくめの男が、線量計をかざしながら舞台に現れた。放射線に反応すると鳴る「ピー、ピー」という不快な音が響き渡る。

 俳優の中村敦夫さん(78)が自ら台本を書いて演じる朗読劇「線量計が鳴る」は、福島県双葉町で生まれ東京電力福島第1原発で配管技師として働き、原発事故で全てを失う男の物語だ。戦中戦後の少年期、東京から疎開して福島県平市(現いわき市)で過ごした中村さん。この一人芝居を方言を交えて語りきる。

 「この話すんのは、本当につれえわあ。でもなあ、どうやったって現実からは逃げられねえ。双葉町で生まれ…

この記事は有料記事です。

残り499文字(全文749文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
  2. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索
  3. ジョジョの奇妙な冒険 第5部「黄金の風」がテレビアニメ化 10月放送開始
  4. 殺害容疑の姉 弟の遺書、偽装の痕跡 父後継ぎで対立か
  5. 東京高裁 ワンセグ、2審もNHK契約義務 受信料訴訟

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]