メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュースアップ

GIDの子に2次性徴抑制療法 当事者切迫、医学の助けを=岡山支局・林田奈々

LGBTなど性的少数者の存在を教育現場はもっと知るべきだと訴える中塚幹也・岡山大教授。「T」のトランスジェンダーはGIDなど生まれ持った性別と認識する性別が異なる人々を指す=岡山市北区で、林田奈々撮影

 性同一性障害(GID)の子どもは、声変わりしたり、胸が大きくなったりする「2次性徴」が始まると、精神的に不安定になりやすい。治療の一つとして、2次性徴を抑える療法がある。しかし認知度不足や保険適用できないこと、成長を止めることへの抵抗感などから実施例はごく僅かだ。医療で解決に近付く問題もある。治療が広がらない背景や理由を探った。

この記事は有料記事です。

残り2775文字(全文2941文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 結婚できない男 阿部寛主演ドラマが13年ぶり復活! 続編が10月期放送
  3. J1神戸 ポドルスキ暴言問題に無言…進展なしもインスタ更新(スポニチ)
  4. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示
  5. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです