メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュースアップ

GIDの子に2次性徴抑制療法 当事者切迫、医学の助けを=岡山支局・林田奈々

LGBTなど性的少数者の存在を教育現場はもっと知るべきだと訴える中塚幹也・岡山大教授。「T」のトランスジェンダーはGIDなど生まれ持った性別と認識する性別が異なる人々を指す=岡山市北区で、林田奈々撮影

 性同一性障害(GID)の子どもは、声変わりしたり、胸が大きくなったりする「2次性徴」が始まると、精神的に不安定になりやすい。治療の一つとして、2次性徴を抑える療法がある。しかし認知度不足や保険適用できないこと、成長を止めることへの抵抗感などから実施例はごく僅かだ。医療で解決に近付く問題もある。治療が広がらない背景や理由を探った。

この記事は有料記事です。

残り2775文字(全文2941文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  2. ふるさと納税、偽サイト乱立 大幅「割引」うたい返礼品届かず 福岡県警が捜査
  3. ミナミ拠点の半グレ集団「アビス」リーダーら数十人逮捕 傷害容疑など
  4. ORICON NEWS 2018年 今年の漢字は「災」に決まる  “平成最後”過去23年間分も紹介&解説
  5. ふるさと納税 印西市の返礼品、地酒除外なぜ? 神崎の酒蔵に委託、地場産認められず /千葉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです