メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

卓球

伊藤美誠が初V 女子単 荻村杯ジャパンOP

伊藤美誠=北九州市立総合体育館で2018年6月9日、徳野仁子撮影

 卓球のワールドツアー、荻村杯ジャパンオープン最終日は10日、北九州市立総合体育館で行われ、シングルスは男子が張本智和(エリートアカデミー)、女子は伊藤美誠(スターツ)がともに初優勝した。ジャパンオープンの同種目の日本勢の優勝は男女ともに2013年の塩野真人、福原愛以来。

 張本は準決勝で昨年の世界選手権個人戦3位の李尚洙(韓国)を4-2で破り、決勝はロンドン五輪金メダリストの張継科(中国)に4-3で逆転勝ちした。

 伊藤は準決勝で陳幸同(中国)に4-3で競り勝ち、決勝は王曼※(中国)を4-2で破った。

この記事は有料記事です。

残り482文字(全文734文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  2. くらしナビ・ライフスタイル 口腔がん 進行前に発見を
  3. ORICON NEWS 堀ちえみ、口腔がん公表 ステージ4の告知「私は負けない!」
  4. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  5. がん・ステージ4からの眺め 食べて寝るだけで貴い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです