メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

G7サミット

貿易で溝 米国の孤立鮮明

G7は通商問題をめぐり米国対6カ国の構図に

 【ケベック(カナダ)土屋渓、小山由宇】主要7カ国首脳会議(G7サミット)は8日(日本時間9日)に開幕し、焦点の通商問題などを討議した。首脳らは、世界経済の成長に向け「自由で公正な貿易」を追求することで一致した。しかし、トランプ米大統領が進める輸入制限措置には各国首脳から批判が噴出し、米国と他の6カ国が対立。討議は9日午後(同10日未明)まで続き、首脳宣言を取りまとめる方向だが、米国の孤立化が際立っている。

 「それなら関税をすべてゼロにしよう。それでどうだ!」。初日の貿易を巡る討議の終盤、トランプ氏が興奮…

この記事は有料記事です。

残り619文字(全文874文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  2. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
  3. 訃報 山本KID徳郁さん、がんで死去 総合格闘家
  4. 金足農 寄付2億7000万円に 文化祭は一般公開中止に
  5. 特集ワイド ビゴの店、フィリップ・ビゴさん 本物伝え半世紀

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです