メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

G7サミット

貿易で溝 米国の孤立鮮明

G7は通商問題をめぐり米国対6カ国の構図に

 【ケベック(カナダ)土屋渓、小山由宇】主要7カ国首脳会議(G7サミット)は8日(日本時間9日)に開幕し、焦点の通商問題などを討議した。首脳らは、世界経済の成長に向け「自由で公正な貿易」を追求することで一致した。しかし、トランプ米大統領が進める輸入制限措置には各国首脳から批判が噴出し、米国と他の6カ国が対立。討議は9日午後(同10日未明)まで続き、首脳宣言を取りまとめる方向だが、米国の孤立化が際立っている。

 「それなら関税をすべてゼロにしよう。それでどうだ!」。初日の貿易を巡る討議の終盤、トランプ氏が興奮…

この記事は有料記事です。

残り619文字(全文874文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. カジワラさん「入国時、約2時間入管で足止め」 辺野古移設でサイト署名呼びかけ人
  2. 社説 ホンダの英国撤退 最後の警報が鳴っている
  3. アクセス 即位で10連休、非正規悲鳴 月7万円減収/人手不足で「働き詰め」 格差の放置浮き彫り
  4. 「非正規に励み」「画期的な判決」 ボーナス不支給違法判断、大阪高裁
  5. WEB CARTOP 明らかに健康に悪そう! いまだに地方で黒煙を上げる大型ディーゼル車が走っているワケ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです