メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新幹線殺傷

容疑者「旅に出る」と1月自宅出る

運転が再開された東海道新幹線から降りた乗客(中央)ら=神奈川県小田原市で2018年6月10日午前1時7分、渡部直樹撮影

不適切な表現でおわび

 この記事では当初、容疑者が昨年入院した経緯について、障害と事件が関係するような表現になっていたため、関係部分と見出しを削除しました。誤解を与える不適切な表現であり、おわびします。

    ===◇===

     9日夜発生した東海道新幹線3人殺傷事件で、殺人未遂容疑で逮捕された小島一朗容疑者(22)の伯父(57)によると、小島容疑者は愛知県一宮市出身で定時制高校を卒業するまで同市で育った。職業訓練校を経て埼玉県内の会社に就職したが、約1年後に「人間関係が合わない」と言って退職した。実家の両親とトラブルがあったため、2016年4月ごろから愛知県岡崎市の伯父方で暮らすようになったという。

     小島容疑者は、伯父方では2階の部屋に引きこもってパソコンを触っていた。「自分は価値のない人間だ。自由に生きたい。それが許されないのなら死にたい」などと話していたという。

     今年1月に「旅に出る」と言い残し、自転車に乗って自宅を出ていた。それ以前にも何度か家出したことがあったという。伯父は「人に危害を加えることはこれまでなかった。事件を起こしたことは信じられない」と話した。【井口慎太郎】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 訃報 B・V・ベイダー氏 63歳・プロレスラー
    2. サッカー日本代表 補欠の浅野が離脱 経験者の香川が激励
    3. 野球漫画 「ドカベン」46年で完結 28日発売号で
    4. 藤枝小4切りつけ 「いじめの復讐」 18歳容疑者説明
    5. アメフット 日大の早期復帰求める 宮川選手が要望書提出

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]