メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全仏テニス

花の94年組「あうんの呼吸」で 女子複決勝

 パリのローランギャロスで開かれているテニスの全仏オープンで日本の若手女子ペアが、歴史を塗り替えた。女子ダブルスの穂積絵莉(24)、二宮真琴(24)組(橋本総業)が日本選手ペアでは4大大会同種目初の決勝に進出。日本テニス協会が指定した2020年東京五輪強化メンバーの2人は、10日の決勝で頂点を目指す。

 神奈川県平塚市出身の穂積、広島市出身の二宮は、ともに1994年生まれ。昨年の全豪オープンで、穂積と…

この記事は有料記事です。

残り738文字(全文939文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  2. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは19試合
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 日本維新の会 創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」
  5. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです