メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全仏テニス

初制覇目指す 穂積・二宮組ペアの極意

 女子ダブルスで日本選手同士のペアでは4大大会初の決勝進出を果たした穂積絵莉、二宮真琴組(橋本総業)。第6シードのバルボラ・クレイチコバ、カテリナ・シニアコバ組(チェコ)に挑む10日の決勝を前に、日本ペアの強さを分析した。

 1+1が2以上になるのがダブルスの面白さだ。日本選手はシングルスではパワーで押し切られがちだが、ダブルスは作戦次第で十分に補える。シングルスの世界ランキングは172位の穂積、530位の二宮は、ダブルスの極意を体現した。

強みは穂積の安定感のあるストローク力と、小柄で俊敏な二宮のネット際での決定力だ。後衛の穂積がストロー…

この記事は有料記事です。

残り572文字(全文843文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. みんなの広場 「満員御礼」幕の下に空席が=小学校非常勤講師・岩代孝一・60
  3. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  4. プロ野球 広島、マジック1
  5. サッカー デルピエロがFC岐阜にエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです