メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

奈良時代の借用書「月借銭解」 上司が強引に貸し付け? 「利息目当てか」大阪歴博館長が新説

 奈良時代の写経生が借金をしたのは、上司からの勧誘を断りきれなかったから--。大阪歴史博物館の栄原永遠男(さかえはらとわお)館長(日本古代史)が奈良・正倉院に伝わる借金の証書「月借銭解(げっしゃくせんげ)」を分析し、そんな説を提示した。

 3月末に刊行された「正倉院紀要第40号」で発表した。「月借銭解」は東大寺の造営と運営に当たった役所「造東大寺司」の中で写経事業を担当した部署「奉写一切経所」の借金記録で、宝亀3(772)~同6(775)年の約100通が残る。借金は事務長的な役職「案主(あんず)」だった「上馬養(かみのうまかい)」という人物を中心に運営され、月単位の利息を決め写経生らに金を貸し付けていたとみられる。

この記事は有料記事です。

残り749文字(全文1059文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  2. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  3. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  4. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが
  5. 後絶たぬ高齢ドライバーの事故 操作ミス原因が最多

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです