メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テニス

全仏オープン 穂積・二宮組、準優勝 日本人ペア初

決勝でティエムを降し11度目の優勝を決めたナダル=AP

 【パリ共同】テニスの4大大会第2戦、全仏オープン最終日は10日、パリのローランギャロスで行われ、女子ダブルス決勝で穂積絵莉、二宮真琴組(橋本総業)は第6シードのバルボラ・クレイチコバ、カテリナ・シニアコバ組(チェコ)に3-6、3-6で屈し、4大大会で初のタイトルに届かなかった。日本人同士のペアで同種目初の準優勝となり、2人合計の賞金28万ユーロ(約3612万円)を獲得した。 日本勢の全仏準優勝は2007年大会の杉山愛、カタリナ・スレボトニク(スロベニア)組以来。

 クレイチコバ、シニアコバ組は4大大会初制覇を果たし、優勝賞金56万ユーロ(約7224万円)を手にし…

この記事は有料記事です。

残り1558文字(全文1842文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  3. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  4. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです