メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テニス

全仏オープン 穂積・二宮組、準優勝 日本人ペア初

決勝でティエムを降し11度目の優勝を決めたナダル=AP

 【パリ共同】テニスの4大大会第2戦、全仏オープン最終日は10日、パリのローランギャロスで行われ、女子ダブルス決勝で穂積絵莉、二宮真琴組(橋本総業)は第6シードのバルボラ・クレイチコバ、カテリナ・シニアコバ組(チェコ)に3-6、3-6で屈し、4大大会で初のタイトルに届かなかった。日本人同士のペアで同種目初の準優勝となり、2人合計の賞金28万ユーロ(約3612万円)を獲得した。 日本勢の全仏準優勝は2007年大会の杉山愛、カタリナ・スレボトニク(スロベニア)組以来。

 クレイチコバ、シニアコバ組は4大大会初制覇を果たし、優勝賞金56万ユーロ(約7224万円)を手にし…

この記事は有料記事です。

残り1558文字(全文1842文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富士通 早期退職に2850人
  2. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  3. 大津中2自殺 いじめとの因果関係認定 元同級生側2人に賠償命じる
  4. 猪木、ハンセン、ドリー…往年の名選手ら集結 G.馬場さん没後20年追善プロレス
  5. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです