メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

絵・鰻和弘

 漢字が書けない。

 自分でも最近わかったことなのです。漢字を知らないんじゃない。なんだったら漢字大好き、漢字を書けることを誇らしく思ってたタイプで、学生の頃は「ドヤ」と言わんばかりに漢字を書いていたんです。

 ただ最近、びっくりするほど書けない。なぜわかったかというと、クイズ番組で答えを書く時、急に手がピタリと止まったのです。「あれっ。どんな漢字やったかなあ」。もうこうなると出ない。とりあえず書いてみると違和感がすごい。最初にちゃんと書けていても、収録の緊張も相まって、「あれっこんな字やったっけな?」「ん、…

この記事は有料記事です。

残り383文字(全文638文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  2. 時代の風 日本人の変わらぬ中国観 自国の立ち位置、直視を=城戸久枝・ノンフィクションライター
  3. プロ野球 中日・松坂、開幕は絶望的
  4. はしか、近畿で急増 患者数の約7割が6府県と三重
  5. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです