メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トーク

舘ひろし 映画「終わった人」主演 かっこ悪く踏み出す人生

映画「終わった人」に主演の館ひろし=大阪市北区のホテルで、小出洋平撮影

 会社員だったら誰もが迎える定年退職。この日を境に生活が一変する1人の男を軸に、第二の人生への向き合い方と家族の在り方を、シリアスかつユーモアたっぷりに描いた人間ドラマ「終わった人」(中田秀夫監督)に主演する。

 「タイトルはネガティブだけど、実はここから始まるんだよという前向きな映画なんです」

 冒頭の退職日のシーンでは、ずり落ちた眼鏡に丸まった背中の「しょぼくれたおじさん」として登場。詰め物をしてぽっこりした腹部を表現した。スーツをびしっと着こなす普段のダンディーな姿からはかけ離れた役だったが、「こんなふうにすればかっこ悪く見えるかなと思って。こういう自虐的な役は楽しいですね」と笑う。

 エリート銀行員だった田代壮介(舘)は出世コースから外れ、出向した子会社でついに定年を迎える。趣味も…

この記事は有料記事です。

残り611文字(全文957文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安彦良和 70歳の“最後の新連載”「乾と巽」が「アフタヌーン」でスタート 
  2. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  3. 暴虐の傷痕 イラク・IS後/2 「子守る」性奴隷耐え
  4. 貿易制裁 第3弾、消費者直撃 米家電、中国部品に依存
  5. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです