メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

炎のなかへ

/177 アンディ・タケシの東京大空襲 石田衣良 望月ミネタロウ・画

その夜(12)

 菊川橋の上で人が薪(まき)のように燃えていた。焼夷(しょうい)弾の直撃をくらったのか、橋のなかほどで人々が折り重なり、積みあげられた薪のように炎をあげている。周囲の熱とゼリー状ガソリンのせいで、水分をたっぷりと含んだ人間の身体(からだ)さえ、乾いた薪のように燃えあがるのだ。

 燃える遺体の横で菊川橋を向こうへ渡ろうとする人と、こちらへ渡ろうとする人の流れがぶつかり、みな身動きがとれなくなっていた。長さ三十メートルほどの橋の上には数百人の避難民がごった返している。熱さに耐えかねた家族が橋の欄干を越えて、つぎつぎと大横川に飛びこんでいた。

 タケシは口を開いて息をしながら、先ほどの防火水槽を思いだしていた。三月でも水槽のなかの水に薄氷が張…

この記事は有料記事です。

残り658文字(全文985文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮内庁 仁徳天皇陵を発掘へ 今月下旬から堺市と共同で
  2. 米軍 世界のF35全機を飛行停止 米南部で墜落、検査
  3. 今どきの歴史 世界遺産候補 百舌鳥・古市古墳群(大阪府) 悩ましき被葬者論争
  4. 米国 F22ステルス戦闘機 ハリケーンで損傷か
  5. ステルス戦闘機 ハリケーン直撃で大量に大破か 米国

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです