メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

JASRAC会長 創作者を応援する社会を 再任のいで「詞は心血を注いだもの」

 「北国の春」をはじめ人情味あふれる歌で知られる作詞家のいではく(76)が、日本音楽著作権協会(JASRAC)の会長に再任された。音楽教室が使う楽曲の著作権使用料の徴収や、外国映画の上映使用料の見直しなど、近年のJASRACの取り組みに、世間の反発も強い。逆風の中、協会の「顔」として2期目に入ったいでは「著作権はクリエーターにとってご飯の種。生活のためのもっとも基本的なものです」と訴える。

この記事は有料記事です。

残り850文字(全文1046文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安彦良和 70歳の“最後の新連載”「乾と巽」が「アフタヌーン」でスタート 
  2. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  3. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き
  4. 貿易制裁 第3弾、消費者直撃 米家電、中国部品に依存
  5. 核兵器廃絶 吉永小百合さん「核兵器のこと考えて」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです