メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 夏の全国高校野球選手権は今年で第100回の記念大会を迎えるが、太平洋戦争中の1941~45年は中止された。しかし42年8月に甲子園球場で別の野球大会が開かれている。「全国中等学校錬成野球大会」。知る人が少ないため「幻の甲子園」とも呼ばれる。

 大会は文部省(当時)などが全国体育大会の一競技として実施したもの。日本統治下の台湾を含む地区の代表16校…

この記事は有料記事です。

残り262文字(全文436文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  2. アジア大会 競泳表彰式で中国と日本の国旗が落下トラブル
  3. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  4. 近鉄 ホームに沈む可動柵 新型、数年内導入
  5. 福岡4人水死 「離岸流」原因か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです