メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 夏の全国高校野球選手権は今年で第100回の記念大会を迎えるが、太平洋戦争中の1941~45年は中止された。しかし42年8月に甲子園球場で別の野球大会が開かれている。「全国中等学校錬成野球大会」。知る人が少ないため「幻の甲子園」とも呼ばれる。

 大会は文部省(当時)などが全国体育大会の一競技として実施したもの。日本統治下の台湾を含む地区の代表16校…

この記事は有料記事です。

残り262文字(全文436文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 最先端の電子顕微鏡が損傷 大阪大
  2. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索
  3. 自民総裁選 「ポスト安倍」、会期延長で身動き取れず
  4. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
  5. 受動喫煙対策 それでも先生か がん患者に「いいかげんにしろ」 自民議員、規制巡り 衆院厚労委、参考人陳述

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]