メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西川ヘレンのこれ食べてみて

カリフラワーの冷製スープ ロメインレタスのソテー 優しく涼やか、梅雨しのぐ

カリフラワーの冷製スープ(手前)とロメインレタスのソテー=梅田麻衣子撮影

 じめじめした梅雨はさっぱり、しゃきっと乗り切りたいもの。そんな時期にお薦めのカリフラワーの冷製スープとロメインレタスのソテーを西川ヘレンさんに教えてもらいましょう。

     カリフラワーはビタミンCとカリウムが豊富。「ローマのレタス」という名前のロメインレタスは、普通のレタスのように葉が巻かず、立っているのが特徴で、食物繊維などが豊富なレタスです。「うちの孫はロメインレタスのシーザーサラダが好きで」とヘレンさん。

    カリフラワーの冷製スープの材料を炒める西川ヘレンさん=梅田麻衣子撮影

     冷製スープから。ベーコン、タマネギ、ジャガイモを炒めたら、カリフラワーと水、コンソメを加えて、具材が軟らかくなるまで煮ます。この時、「蓋(ふた)を少しずらして、水分を飛ばし気味に」。最後に牛乳を入れてひと煮立ちさせます。粗熱が取れてから、ミキサーにかけます。熱いままミキサーにかけると、材料が膨張してしまうことがあるので注意。ミキサーにかけたら、冷蔵庫で冷やします。

     ロメインレタスは、厚めの葉と葉脈のしゃきしゃきした歯ごたえを生かすため、炒めすぎないように気を付けましょう。先にベーコン、ニンニク、シメジ、マッシュルームを炒め、あとからロメインレタスを入れて手早く炒めます。味付けはニンニクとベーコンの塩分だけで、調味料要らず。こっちのベーコンは、食べ応えのあるブロックを使うのがポイント。さっきのスープはブロックの端っことかでOKです。

     それでは、いただきまーす。まずはスープを。涼やかでクリーミーなスープは、カリフラワーとタマネギの仲をジャガイモが取り持ち、優しい甘みが増します。ベーコンのコクと合わさって、スプーンが止まりません。「カリフラワーの代わりにカブやカボチャでもいいですよ。スープが残ったら、パスタやドリアのソースに使えます」。これからの栄養補給はこれで決まり。

     ソテーはスダチをかけて。ロメインレタスはベーコンとの相性抜群。口の中で小気味いい音がして、キノコのうまみとスダチの酸味が食欲を増します。これはクセになる味。

     先日、亡くなった西城秀樹さんの思い出話をヘレンさんがしてくれました。かの子さんを身ごもって産休に入る前、出演していた歌番組で「いい子を産んでくださいね」と歌ってくれたそうです。「ぽろぽろ泣きました。優しい人でしたね」=第2火曜掲載<文・松井宏員 写真・梅田麻衣子>


     ◆カリフラワーの冷製スープ

    材料(4人分)

    カリフラワーの冷製スープに使う材料=梅田麻衣子撮影

     カリフラワー1株▽タマネギ中くらい1個▽ジャガイモ中くらい2個▽ベーコン30グラム▽オリーブ油大さじ3▽コンソメ顆粒(かりゅう)大さじ1▽塩小さじ1/2▽水3カップ▽牛乳1/2カップ▽ブラックペッパー適量

    作り方

    <1>カリフラワーは小房に分ける。タマネギは薄切り、ジャガイモは小さめのひと口大、ベーコンは角切りに。

    <2>鍋にオリーブ油を入れ、タマネギ、ジャガイモ、ベーコンを中火で炒める。

    <3>塩を加えて約5分炒め、カリフラワー、水、コンソメを加えて煮る。

    <4>具材が軟らかくなったら牛乳を加えてひと煮立ちさせ、火を止める。

    <5>粗熱を取ってから、ミキサーにかける。冷蔵庫で冷やしたら、器に注いでブラックペッパーを振って出来上がり。

     ◆ロメインレタスのソテー

    材料(4人分)

    ロメインレタスのソテーに使う材料=梅田麻衣子撮影

     ロメインレタス1個▽シメジ1/2パック▽マッシュルーム4個▽ブロックベーコン100グラム▽ニンニク1片▽オリーブ油大さじ3▽スダチ2個

    作り方

    <1>レタスはざく切り、シメジは石づきを取って小房に分け、マッシュルームは軸を取って縦に薄切り。

    <2>ベーコンは厚さ1センチくらいに切り、ニンニクは粗みじんに。

    <3>フライパンにオリーブ油をひき、ニンニク、ベーコン、シメジを中火で炒め、マッシュルームを加えてさらに炒める。

    <4>最後にレタスを加えて底から大きくかき混ぜ、手早く炒める。

    <5>皿に盛り、スダチを搾って。


    レシピ本22日発売

    「西川ヘレンのこれ食べてみてーー絶品ヘレンだしでつくる家族のごはん」 

     この連載で紹介したレシピをまとめた「西川ヘレンのこれ食べてみて--絶品ヘレンだしでつくる家族のごはん」(毎日新聞出版、税別1300円)が、いよいよ22日に発売されます。基本のヘレンだしから西川家の定番、スピードメニュー、お酒のあてまで、カラー写真とともに掲載。料理哲学や人柄がにじむヘレンさんのコメントも楽しめます。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 焦点・働き方改革 首都圏・総合病院の医師悲痛 当直明けも分刻み 「長時間労働、野放し状態」
    2. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
    3. 「18歳成人」に思う 性別変更、慎重に判断して タレント・KABA.ちゃん(49)
    4. 殺人 自殺装い弟殺害容疑 多額の保険、姉逮捕 堺
    5. クローズアップ2018 違法塀「人災」濃厚 認識に甘さ、命守れず

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]