メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米朝首脳会談

平壌、異例の権力空白 米朝、最高幹部ずらり

米朝会談に随行・国内に待機する北朝鮮の幹部

 【シンガポール渋江千春、西脇真一】12日の米朝首脳会談に臨む北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長には、金英哲(キムヨンチョル)、李洙〓(リスヨン)両副委員長ら複数の最高幹部が随行している。金委員長が最高指導者になってから、数千キロ離れた海外に滞在し、数日間も北朝鮮を留守にするのは初めて。シンガポールでは滞在先のホテル周辺などで厳重な警備体制が続くが、北朝鮮は金正恩氏の最側近を平壌に残し、留守中に国内で混乱が起きない体制も整えているとみられる。

 北朝鮮国営の朝鮮中央通信は11日、金委員長の随行者としてほかに李容浩(リヨンホ)外相▽努光鉄(ノグ…

この記事は有料記事です。

残り788文字(全文1068文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  3. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  4. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  5. 初出場の筑陽学園がセンバツ初勝利 福知山成美との競り合い制す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです