メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

火論

もう一つの「終戦」=玉木研二

 <ka-ron>

 米朝首脳会談の焦点の一つが朝鮮戦争終結を宣するかである。日本の針路を方向づけたともいえる戦争。その始末、人ごとではない。

 1950年6月25日に始まる戦争は、当初南下の北朝鮮軍が圧倒、米軍が主力の国連軍が韓国軍を支えて押し返すと中国義勇軍が参戦、消耗戦で多くの民衆の犠牲と家族離散を生んだ。53年7月休戦。北朝鮮の背後にあったソ連とアメリカの代理戦争と目され、東西冷戦構造が固まる。

 この戦争が日本に与えた影響は戦時物資供給の特需景気にとどまらない。日本から米軍が戦場に送られ、穴を…

この記事は有料記事です。

残り758文字(全文1009文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  2. ふるさと納税、偽サイト乱立 大幅「割引」うたい返礼品届かず 福岡県警が捜査
  3. ORICON NEWS 2018年 今年の漢字は「災」に決まる  “平成最後”過去23年間分も紹介&解説
  4. ふるさと納税 印西市の返礼品、地酒除外なぜ? 神崎の酒蔵に委託、地場産認められず /千葉
  5. ミナミ拠点の半グレ集団「アビス」リーダーら数十人逮捕 傷害容疑など

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです