メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

火論

もう一つの「終戦」=玉木研二

 <ka-ron>

 米朝首脳会談の焦点の一つが朝鮮戦争終結を宣するかである。日本の針路を方向づけたともいえる戦争。その始末、人ごとではない。

 1950年6月25日に始まる戦争は、当初南下の北朝鮮軍が圧倒、米軍が主力の国連軍が韓国軍を支えて押し返すと中国義勇軍が参戦、消耗戦で多くの民衆の犠牲と家族離散を生んだ。53年7月休戦。北朝鮮の背後にあったソ連とアメリカの代理戦争と目され、東西冷戦構造が固まる。

 この戦争が日本に与えた影響は戦時物資供給の特需景気にとどまらない。日本から米軍が戦場に送られ、穴を…

この記事は有料記事です。

残り758文字(全文1009文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クジラ 東京湾で目撃9件 海ほたる沖で何度もジャンプ
  2. アイス ピノがCMをやめた理由
  3. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
  4. 特別展 破損した本、泣いている 全国で被害相次ぎ「マナー守って」 県立図書館 /鳥取
  5. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]