メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

メルケル氏のユーロ圏改革への回答=国際公共政策研究センター理事長・田中直毅

 イタリアのポピュリズム(大衆迎合主義)がユーロ離脱へ直結する可能性さえ否定できないなか、メルケル独首相はフランクフルター・アルゲマイネ紙のインタビューに応じて欧州連合(EU)政策案を語った。EUの実質上の指導者がメルケル氏からマクロン仏大統領に代わったのは、総選挙から半年もかけた連立政権の成立になったからだ。

 マクロン氏はEU統合の進展を図るべく、ユーロ圏に共通の財務省を置こうとする。またユーロ圏の銀行危機…

この記事は有料記事です。

残り508文字(全文714文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 最先端の電子顕微鏡が損傷 大阪大
  2. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索
  3. 自民総裁選 「ポスト安倍」、会期延長で身動き取れず
  4. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
  5. 受動喫煙対策 それでも先生か がん患者に「いいかげんにしろ」 自民議員、規制巡り 衆院厚労委、参考人陳述

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]