メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第76期名人戦七番勝負 佐藤天彦名人-挑戦者・羽生善治竜王 第4局の5

用意の新手[先]2三歩 観戦記・関浩

 盤上、横歩取り青野流最先端の戦いとなった。図の展開は、創案者である青野九段の与(あず)かり知らない攻防かもしれない。新戦法の認知が進むと大勢の棋士が手掛けるようになり、やがては戦法自体が人格を持ったかのように独り歩きを始める。

 図から[後]8八角成を許すと先手陣は崩壊する。3日前に指された1号局は[先]7七角と合わせ、以下[後]7六飛[先]2二歩[後]3三桂[先]2一歩成[後]4二銀[先]2三歩[後]同金[先]8四飛と進んだ。結果は86手で後手の勝ち。

 昨譜でも触れた通り、翌日の2号局では羽生が先手側を持った。[先]8七銀[後]同飛成[先]同金[後]…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 南アフリカ 航空機の車輪格納部から遺体 密入国か
  2. 質問なるほドリ 「カサンドラ症候群」って? 意図伝わらぬ障害の相手に苦悩 心身に不調=回答・野村房代
  3. 世界の雑記帳 米ユナイテッド航空機内で子犬死ぬ、座席上の棚に収納指示され
  4. 新潟 NGT山口真帆 暴行被害5つの「なぜ」 騒動謝罪から一夜、広がる波紋(スポニチ)
  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです