メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第76期名人戦七番勝負 佐藤天彦名人-挑戦者・羽生善治竜王 第4局の5

用意の新手[先]2三歩 観戦記・関浩

 盤上、横歩取り青野流最先端の戦いとなった。図の展開は、創案者である青野九段の与(あず)かり知らない攻防かもしれない。新戦法の認知が進むと大勢の棋士が手掛けるようになり、やがては戦法自体が人格を持ったかのように独り歩きを始める。

 図から[後]8八角成を許すと先手陣は崩壊する。3日前に指された1号局は[先]7七角と合わせ、以下[後]7六飛[先]2二歩[後]3三桂[先]2一歩成[後]4二銀[先]2三歩[後]同金[先]8四飛と進んだ。結果は86手で後手の勝ち。

 昨譜でも触れた通り、翌日の2号局では羽生が先手側を持った。[先]8七銀[後]同飛成[先]同金[後]…

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文635文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」
  2. 埼玉・和光の祖父母死傷 「生徒殺す前に家族を」 少年供述「迷惑かけたくない」
  3. サウジ政府 記者死亡を認める「口論と殴り合いの結果」
  4. 訃報 田中信夫さん 83歳=声優、サンダース軍曹役
  5. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです