メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第76期名人戦七番勝負 佐藤天彦名人-挑戦者・羽生善治竜王 第4局の5

用意の新手[先]2三歩 観戦記・関浩

 盤上、横歩取り青野流最先端の戦いとなった。図の展開は、創案者である青野九段の与(あず)かり知らない攻防かもしれない。新戦法の認知が進むと大勢の棋士が手掛けるようになり、やがては戦法自体が人格を持ったかのように独り歩きを始める。

 図から[後]8八角成を許すと先手陣は崩壊する。3日前に指された1号局は[先]7七角と合わせ、以下[後]7六飛[先]2二歩[後]3三桂[先]2一歩成[後]4二銀[先]2三歩[後]同金[先]8四飛と進んだ。結果は86手で後手の勝ち。

 昨譜でも触れた通り、翌日の2号局では羽生が先手側を持った。[先]8七銀[後]同飛成[先]同金[後]…

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文635文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  2. アジア大会 競泳表彰式で中国と日本の国旗が落下トラブル
  3. 近鉄 ホームに沈む可動柵 新型、数年内導入
  4. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  5. 銀魂 最終回まで残り5話 15年の連載に幕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです