メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

我らが少女A

/307 第8章 28=高村薫 田中和枝・挿画監修

 武蔵野の郊外を走り続けるバスは、停留所から停留所へ走っては止まり、また走っては止まり。栂野真弓はずっとケータイに見入ったまま動かず、忍も動かない。主人公の道中に現れる人物やモンスターたちが、いつも数秒ばかみたいに突っ立って静止している、あの微妙に時空が止まった感じだが、ゲームのような吹き出しの説明はない。ふいに画面が再び動きだす。二枚橋~二枚橋~。停留所のアナウンスとともにバスが停車し、真弓が降りる。少し間を置いて忍も降りる。片側二車線のだだっ広い道路があり、両側に大きな森が広がる。ワオ! ふしぎな泉がある西の森に来た! トットッと駆け出しそうになりながら、先を行く真弓を追う。大きな道路からすぐに左へ折れると家並みが現れ、そこで忍はまた眼(め)を見開く。え? どこだ? 小平西高の西側へワープした? 二度見、三度見し、西の森がなければ家並みの見分けがつかな…

この記事は有料記事です。

残り576文字(全文959文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 人生相談 「親切」と「洗脳」の違いって何=回答者・光浦靖子
  2. 訃報 仙谷由人さん72歳=元衆院議員、元官房長官
  3. 福知山線脱線 「代理受傷」出口探して 兵庫の夫婦が手記
  4. 特集ワイド 麻生氏続投にブーイング 責任取らない副総理兼財務相 発言に共感性なく デフレ対策でも「失格」の声
  5. 地域ブランド調査 やっぱり函館が一番魅力的 北海道「都道府県」では10連覇

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです