メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

◎特選

    ◎外せない梁(はり)の現れデザインに活かさむとその設計変ふる 久留米市 荒木由紀子

    【評】リフォームの工事中に現れた古木の梁を、むしろ魅力あるデザインとして、とっさに設計に活かすときめき。

    名のごとく商店街にひつそりとありし書店の静樹堂閉づ 横浜市 芝公男

    凶悪な事件おほむね家庭とふ家族のかたち壊れゆかむか 伊丹市 岡本信子

    公園の小高き丘を登り下りアルピニストのごとくり返す 宇都宮市 五十嵐由美子

    飯舘(いいたて)に明日には帰る仮設地の人らとともに夜ざくらあふぐ 福島市 大槻弘

    臘梅の青葉たつころ木のもとにみやこわすれの紫にほふ 八千代市 一戸光代

    カワイイは少女たちの褒めことばアイドルをペットを等しく愛(め)づる 豊中市 水野正明

    アパッチやトマホークなどインディアン由来の単語使う米軍 登別市 松木秀

    ママ友との二泊三日の軽井沢はつらつ帰れば洗濯の山 川崎市 大平真理子

    ていねいに掃きたる庭に米撒けば人を恐れず山鳩の来ぬ 成田市 神郡一成

    ゆったりと三匹の緋鯉(ひごい)浅瀬ゆく影ゆらゆらと間隔たもつ 高槻市 佐々木文子

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
    2. サッカー日本代表 「増量と身長調整は失敗」西野監督
    3. サッカー日本代表 セネガル戦、速攻に要注意
    4. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々
    5. 1型糖尿病 障害年金を 支給求めて提訴へ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]