メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩歌の森へ

『塚本邦雄の宇宙』=酒井佐忠

 戦後短歌最大の巨匠、塚本邦雄の作品を評論家として支えた菱川善夫。従来の短歌のシーンを変えた塚本の仕事は、盟友の菱川の理論とともにあった。菱川が亡くなる2週間前まで続けた代表歌500首についての講義が、菱川の地元・札幌のカルチャーセンターで行われた。その内容が『塚本邦雄の宇宙』(1・2)の2巻にまとまり短歌研究社から刊行された。短歌に全てを賭けた巨匠と評論家の熱い息吹が伝わる。

 <カフカ忌の無人郵便局灼けて頼信紙のうすみどりの格子>。歌集『緑色研究』。ユダヤ人を両親とするカフ…

この記事は有料記事です。

残り339文字(全文579文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮内庁 仁徳天皇陵を発掘へ 今月下旬から堺市と共同で
  2. 米軍 世界のF35全機を飛行停止 米南部で墜落、検査
  3. 今どきの歴史 世界遺産候補 百舌鳥・古市古墳群(大阪府) 悩ましき被葬者論争
  4. 米国 F22ステルス戦闘機 ハリケーンで損傷か
  5. ステルス戦闘機 ハリケーン直撃で大量に大破か 米国

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです