メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秒読みEXPO2025

関西の経済効果、政府試算 潤い1.9兆円ほんま? 隣接IRも皮算用、共倒れリスク

2025年万博の資金計画

 パリである13日のプレゼンテーションを経て政府が誘致を目指す2025年国際博覧会(万博)の会場は、大阪市此花区の人工島・夢洲(ゆめしま)を予定している。建設費だけで1000億円以上が投入されるが、政府は関西経済に1・9兆円の経済効果をもたらすと試算。カジノを含む統合型リゾート(IR)が隣接地にできれば効果は更に膨らむ見通しだ。ただ、万博もIRも現時点では皮算用なのは否めず、共倒れのリスクも伴う。【津久井達】

 夢洲は390ヘクタールの大半が市有地で、一部がコンテナターミナルなどに利用されているのみ。計画では…

この記事は有料記事です。

残り544文字(全文800文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  2. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
  3. 訃報 山本KID徳郁さん、がんで死去 総合格闘家
  4. 特集ワイド ビゴの店、フィリップ・ビゴさん 本物伝え半世紀
  5. 金足農 寄付2億7000万円に 文化祭は一般公開中止に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです