メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・カルチャー

川柳の都・大阪の雄「番傘川柳本社」110年の灯 戎橋白粉紙を散らす恋 上質の笑いは時越えて

大正時代発行の川柳「番傘」(上)と現代の川柳「番傘」=山崎一輝撮影

 川柳界の老舗として知られる大阪の結社「番傘川柳本社」(大阪市北区西天満)が今秋、誕生から110年目を迎える。近代川柳の大立者の一人で<ぬぎすててうちが一番よいという>などを詠んだ岸本水府(1892~1965年)が創立した。月刊の川柳誌『番傘』の刊行は創立以来、営々と続く。世紀をまたいだ結社の歩み、時代のエポックなどを同社の5代目主幹で川柳作家、田中新一さん(72)に尋ねた。【有本忠浩】

この記事は有料記事です。

残り1305文字(全文1500文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  2. 札幌市が水道料金6140万円と誤通知 本来の6696円の9100倍
  3. 「消費税を上げられるのか」国民の玉木代表 首相は増税方針、重ねて示す
  4. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  5. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです